ヤッホー! と愉快な山仲間
第66回「奥武蔵丸山、心のアップダウン」の巻
や平
お待ちかね東松山名物「やきとり」


【当日のデーター】
日 時:平成19年3月21日(水)彼岸の中日
天 気;うららかな晴天
参加人数:9名
行程概略;西武池袋駅7:06発---<西武快速急行>---芦ケ久保8:39着--9:00発
⇒日向山(627m)10:10⇒丸山(960m)11:40着--昼食--12:30発⇒高篠峠
⇒定峰峠⇒白石車庫15:05着---<東武バス>---パトリア小川・入浴
--<東武バス>---小川町駅---<東上線>--東松山駅---や平18:10--打ち上げ---
--東松山20:00発--池袋解散
歩行時間:5時間
西南歩数;20000歩。


今朝は駅に向かう途中、財布を忘れたと思い込み、急遽家に逆戻り。家に帰っても財布は見つからず、もう一度リュックを開けるとそこに財布がありました。急いで大番頭に電話連絡したところ、7時06分発の急行列車にギリギリセーフというので一安心!!大慌てで冷や汗をかいたものの、無事電車に乗ることができました。
電車には、紅隊長大番頭ウーノン、西南、時宗、カゲロフ、ショースケメガミータ、そして、港のヨーコさんが勢揃いしていました♪
港のヨーコさんとは、今日が初対面でした。ヨーコさん、どうぞよろしくお願いします。

8時39分に芦ヶ久保駅に到着し、準備運動&記念撮影をしてから出発しました。今日は、晴天!目指すは県民の森として整備されているハイキングコース!のはずが・・・・10分歩いたところで、コースを間違え、一同、踵を返し元の道へ引き返しました。ところが、暫く歩いたところ、やはり、初めの道で良かったのだということが分り、10分のロス。その後、標高627メートルの日向山に到着するまで何度か間違いそうになりながら、10時10分、ようやく初めのポイントに辿り着きました。途中、咲き乱れる白梅に心奪われるメガミータさん。昇りの達人ショースケさんは、別の直登ルートを登って一足先に日向山山頂でくつろいでいました。

芦が久保駅前で
芦が久保駅前でコース説明を聞く
日向山階段
日向山登り口の階段
マグナエ風
丸山山頂でマグナエ風
カワセミ道標
可愛いカワセミの標識の通り行けばよかった
丸山展望台
丸山山頂展望台で、後方は上州の山々
時間のロスが気になり、昼食のポイント丸山までは、ほとんど無言で黙々と歩きました。急な坂が多く、途中息も切れ切れになりながら、11時40分、無事丸山(960M)に到着しました!山頂展望台からの360度に広がる大パノラマ。芦ヶ久保駅から見上げた武甲山が、ぐっと迫って見えました。
風もなく、暖かな日向で早速、湯沸し開始!今日は、湯沸し屋一代目ショースケ、二代目ウーノン、三代目時宗が勢揃いで、皆さん山頂で沸かす美味しいコーヒーを楽しみにしていました。ショースケさん、いつも美味しいコーヒー豆ありがとうございます(^^)。三代揃えば怖いものなしと思ったものの、それぞれのコーヒーの入れ方を巡ってケンケンガクガク。カゲロフさんと三代目時宗さんが見守る中、ドリップのペーパーがビリッ!粉が、粉が折角ドリップしたコーヒーの中に!これでまたひと悶着。ああすればよかったとか、今度からこうしようとか話している横で、紅隊長時宗さんは、ほろ苦〜いコーヒーを頂いていたのでした。
湯沸かし屋三代
湯沸かし屋三代揃いぶみ
ショースケ(左)時宗(中)ウ〜ノン(右)
12時30分、丸山山頂から定峰峠を越え、白石車庫バス停まで何分かかるかが勝負でした。バスは1時間に1本なので、1本逃がすと楽しみにしているお風呂はナシになる。3時20分のバスに乗ることを目指し、意気揚々と歩き始めました。ところが、またまたハプニングです。
途中のキャンプ場でお手洗いに行くつもりが、なかなかトイレが見つからないのです。焦る気持ちと、どうにもならない生理現象を抱えながら、山の中をウロウロして、やっと見つけた小さなトイレ。「開かない。どうして?」ガ〜ン、水道凍結のため、使用禁止。
どうにか○▽※□×・・・スッキリさせて、元の道に戻ってくると西南さんが程よい木の枝を調達してストックにしていました。お手洗いから帰ってきたメガミータさんが「あら〜使いやすそうな杖ね!」というと、西南さん「そう、僕みたいにまっすぐだから」とジェスチャーで見せました。そこですかさずメガミータさん「そうね、ちょっと擦れてるわね」とひと言。すぐ後ろで聞いていた私は、この会話に笑いが止まりませんでした!

パトリア小川で
パトリア小川で、湯上がり気分爽快!
よろず評論家
よろず評論家
辛子味噌
辛子味噌がじつにウマイんだなぁ!
トイレを探すのに思いのほか時間がかかり、ヤッホー紅隊、また黙々と歩き始めました。林道を暫く歩いたところで、思ったよりも早く定峰峠に着きそうだということになり、喜んだのも束の間、定峰・大霧山ハイキングコースに合流できないと不安な空気が広がりました。お花を見たり、鳥の声を聞いたり、雰囲気のいい山道を歩こうとしていたのですが・・・。まあ何とか無事定峰峠に到着、白石車庫に向けてウーノンさんの野鳥解説を聞きながら歩き、予定の時間に15分も早く到着したのでした。道中先が見えず、心のアップダウンがありましたが『終わりよければすべてよし!』パトリア小川で予定通りお風呂に入り、東松山の焼き鳥屋や平さんで最高の晩餐をいただいたのでした♪
(文責;バンビ、写真;西南&ウーノン、編集;ウーノン)
【リポート後記】
私、バンビは4月から仕事で広島へ行くことになりました。2004年春、初めてヤッホーの仲間入りをさせていただいてから、皆様には随分かわいがっていただきました。本当に心から感謝しています。これからも年に数回、広島からヤッホーに駆けつけたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いいたします。
☆今日は初めてヤッホーに参加した時に行った思い出の焼き鳥屋さんで美味しい"やきとり"をいただけたので感無量でした!!