ヤッホー! と愉快な山仲間
第59回「ウ〜ノお疲れさま〜ぁ」の巻
女体山
関東平野が一望できる筑波女体山頂にて


【当日のデーター】
日 時:平成17年12月29日(木)
天 気;晴れ
参加人数:7名
歩行時間:3時間
スケジュール:TX秋葉原駅8:09発--<つくばTX>--TXつくば駅9:10着-9:35発-
--<シャトルバス>--筑波神社前10:20着--大御堂--つつじヶ丘--弁慶の七戻り
--母の胎内くぐり--出船入船--裏面大黒--女体山(876m)--御幸ヶ原12:40着
--<昼食.>--男体山(870m)--ケーブルカーの筑波山頂駅14:20発--<ケーブルカー>
--宮脇--<バス>--筑波温泉センターつくば湯(入浴)--<バス>--筑波山神社前16:40発
--<シャトルバス>--TXつくば駅発17:32→<JRバス>→TX浅草駅18:20着--忘年会


雲ひとつない快晴!
今回は「西の富士、東の筑波」と万葉の昔から親しまれてきた筑波山へつくばエキスプレスに乗ってGO!
メンバーは我らが紅隊長大番頭ウ〜ノショースケ西南カゲロフメガミータ、私バンビの7人。
隊長と大番頭が足膝痛に悩まされ05年後半は暫く中断,7ヶ月ぶりに年忘れヤッホー開催となりました!
久々のヤッホーに心はウキウキ!筑波山はロープウェイやケーブルカーを利用して景色を楽しむ観光客も多く、それほどキツイ山ではないと少々甘く見ていたのですが,ロープウェイの脇を登っていく山道は険しかった・・・・ふぅっ。
大御堂
坂東第25番札所大御堂にて
筑波山神社手前にある関東33札所のひとつ、大御堂にお参りをして、筑波山神社境内を通りつつじヶ丘への山道に入る。登り始めて間もなく、メガミータが上海帰りの西南を気遣って「ゆっくり行こう。ゆっくりね〜。」と声をかけます。彼女は忙しい仕事の傍ら、休日にはガイドもしている山のプロです。一番後ろにはカゲロフさん。いつも温かい目で後ろを励ましながら歩いています!その一人ひとりの行動と心の機微をそれとなく隊員たちに伝えてくれる紅隊長!!
はいつも感動があります。
副将軍
銘酒「副将軍」だぁ!
ヤッホー隊では新人の部類に入る私は、これまで人から何かを吸収することや一歩でも先に進むことばかりを考えていました。この8年間、共に色々な経験を積み重ねてきたヤッホー隊の皆さんとご一緒するようになってから「おかげさまで」という聞こえない声が聴こえてくるような気がしています。体力的にきつい時、一歩一歩踏みしめながら歩く山道で立ち止まった時、「この景色をみんなで見られてよかったな〜」と思います! 数年前まで、「山登りなんて何が良くて行くの?」と思っていましたが、今ではすっかりはまっています。
弁慶の七戻り
弁慶の七戻りで大岩を持ち上げる?西南
胎内めぐり
母の胎内めぐり
そんなことを考えながらテクテク歩いているうち、つつじヶ丘に到着。ロープウェイの駅には展望台や土産物屋があり、澄み切った青一色の空の下には広々とした関東平野・霞ヶ浦などの大パノラマが広がっていました♪ そこから女体山までは「弁慶七戻石」「母の胎内くぐり」「出船入船」(岩の形がちょうど2隻の船が前後して出入りする姿に似ているところから、このような名前がついたと言われています )などの巨岩・奇岩が次々に現れ、驚いたり、写真を撮ったりしながら山頂へと向かいました。
出船入船
出船入船に見えます?
裏面大黒
裏面大黒の前で黙祷

お昼は筑波山山頂駅のある茶屋の外で食べることにしました。寒くて風もあったので、お茶屋さんの豚汁をいただくことにしました(^。^)
そして、いつものように山頂コーヒーを楽しむため、湯沸し屋家元ショースケが挽きたてのコーヒーをいれていたところ、途中でボンベの火が消えるハプニングが・・・でもお茶屋さんからストーブで沸かしていたやかんのお湯を分けていただき全員が温か〜いコーヒーにありつけて体もぽかポカポカ。ショースケのコーヒーの香りで幸せ気分倍増です。
御幸ヶ原
御幸ヶ原にて豚汁付きの昼食
気がつくと14時!目の前の男体山山頂を前に、「ここから見えているし、このまま降りようか?」という方向に話が進みかけていた時、西南が「せっかくだから登りましょう!」と一声。ウ〜ノも「膝も何とかもちそうだし、登りましょう」というお二人の声に勇んで出発しました。ところが、TXつくば駅行きのバスの最終が16時40分だったことを思い出し,ゆっくり温泉に入るなら帰りはケーブルカーだと予定変更。実は私、ケーブルカーにとっても乗ってみたかったの! 歩くと1時間半の道程がたったの8分,冬山の景色を味わいながら下山しました。
今回メガミータさんは三十三所の大御堂を参詣する目的もあったので、帰りに大御堂の庵主さんに直接お会いできて大感激の様子でした(^。^)
わのや
浅草の居酒屋「わのや」で忘年会
忘年会は浅草のおいしい家庭料理の店に紅さんが案内してくれました。お仕事を終えたトモヨージさんが一足先に到着,お店で私たちを迎えてくれました!まずは大番頭ウ〜ノの退職とヤッホーお疲れ様の乾杯〜☆ ウ〜ノは40年近く勤めあげて10月末に退職を迎えられ,今は次なるお仕事に意欲を燃やし、時々探鳥会ガイドなどのボランティアもしています!!
締めは一人ずつ順に今年一年を振り返って話しました。今後、山歩きを続けるかどうかは「これからも健康増進のために続けましょう」と全会一致!ヤッホーを作ってくださった湯沸しショースケさんと、今は天国にいるトーサン(私はお会いしたことがないけど、いつも皆さんの話に登場しています)に心から感謝しました。
2005年のヤッホー紅隊は今年も熱く語りながら楽しく賑やかな年忘れヤッホーとなりました.
帰り際「来年は薔薇色だ〜ぁ」と珍しく酔払った紅隊長がつぶやいていました♪ 
(文責;バンビ,写真&編集;ウ〜ノ)