ヤッホー! と愉快な山仲間

第39回「美の山の 花も恥じらう 美女軍団」の巻
満開の桜の木の下で
美の山公園満開の桜の木の下で


当日のデーター
日 時:平成15年4月某日
天 気;晴れ
参加人数:14名(浜タンは宴会のみ参加)
歩行時間:4時間
千幸歩数:13,320歩?
東武東上線池袋駅7:10--寄居駅8:28着/8:45発--<秩父鉄道>--親鼻駅9:08着--歩き始め9:25
万福寺9:30--蓑山神社--見晴らし園地--美の山山頂11:20着--<昼食>--12:30発--
和銅露天掘り跡13:30--和銅鉱泉14:10着--<入浴>--15:35発--黒谷駅15:50着/16:23発
東松山駅17:32着--やきとり「や平」-- 大団円--東松山駅20:45発--池袋駅解散


朝から気持ちの良い天気。待ち合わせの東武東上線池袋駅には、集合時間前にぞくぞくとメンバーが集合。初参加は故トーサンの愛娘チホニコーワさんとダンナ様のワインレッド伸さん、そして紅塾のバンビさん(松阪から夜行バスで駆けつけてくれました)。なんとこの時点で12人。は東松山から大番頭ウ〜ノさんが合流、総勢13人。今日はすごい人数です。移動するたびに点呼をとらなければ。
今日のメンバーの中で4月が誕生月という人が3人。18日のヒゲ盛さん、19日のカズロフさん、そして20日は我らが紅隊長。みなさんおめでとうございます!
そんなこんなで山歩き前から賑やかで、なんだかみんなうきうき。なかでも一番ウキウキしていたのは、ウ〜ノさんです、絶対! だってチホニコーワさんもバンビさんも若くて美しい女性なんですもの。
親鼻駅前で
美の山案内版
親鼻駅前で
    山道に入った途端、「バンビさ〜ん、靴の調子はどうですか?」と、バンビさんを気遣いやさしく声をかけるウ〜ノさん。「そんなやさしい言葉、今まで一度もかけられたことないわっ!」と、その後ろですねたのはクリム嬢千幸さんの二人。山男も若く美しい女性には弱いんだからッ、まったく。
    美の山公園までの道は、ちょっとした山歩きコース。森林の中を土を踏みしめ登っていきます。桜の花びらが足もとにいっぱい落ちていて、まるで桜色の絨毯のよう。風も空気も足元も春らしくて、本当はスキップしたいくらい。でもここは山道、ザックを背負って登山靴を履いてスキップしていたら、皆に他人のふりをされてしまいそう。危ない危ない。
公園までの道1
公園までの道2
超軟々亭こはだ姐
今日はいつもより軽めなコース設定だそうだ。それはしばらく右ひざの調子が良くなくて山歩き出来なかった「紅隊長の足慣らしのため」だったはず・・・。なのですが、隊長は軽快にどんどん先に登っていってしまいます。もう心配なさそう・・・というより、もう追いつけません。
美の山公園の桜は今が満開。登山の人とお花見の人でとっても賑やか。ここは車でも登ってこられる所なんですって。
どうりでさっき見た女性はヒールの高いサンダルをはいていました。
花に手をかざす
優しく花に手をかざす紅隊長
地中の声聞こえる? 超軟々亭こはだ姐さん
猿真似
千幸さん
チホニコーワさんご夫妻
SARS騒動のため,ご主人の待つ上海への渡航が延期なった千幸さん
初参加のワインレッド伸さん・ チホニコーワさんご夫妻
揃いのシャツ
左端が初参加のバンビさん
オヤ、お揃いのシャツを着てる!メガミータさん、ヒゲ盛さん、時宗さん

つづく