ヤッホー! と愉快な山仲間

第37回「トーサンよ安らかに眠れ」の巻
合掌
大霧山山頂にて合掌


当日のデーター
日 時:平成14年12月某日
天 気;晴れ
参加人数:7名
歩行時間:5時間
ウーノ歩数:15,320歩?
東武東上線池袋駅8:18--小川町駅9:28着 9:35発--白石車庫行きバス--橋場10:15--
粥新田峠11:20--休憩&アイゼン装着--粥新田峠11:35発--大霧山山頂12:20着--昼食--
山頂13:10発--旧定峰峠14:00-- 経塚バス停14:50着--パトリアおがわ--入浴--
小川駅--森林公園駅--宴会


今回のヤッホーは、先月11月26日に亡くなったトーサンを偲ぶヤッホー。
ここしばらくブランクもあり、軽い山ということで外秩父七峰縦走ハイキング
コースにある大霧山を目指すことになった。集合場所の東武東上線池袋駅に集まった
メンバーは、紅隊長コハダ姐さんクリム嬢カズロフ氏、そして時宗のはずが
見回すと一人多い。なんとうれしいことにショースケさんが仕事を遣り繰りして
駆けつけたのだ。紅隊大番頭ウ〜ノが東松山駅から合流し総勢7名で小川町駅へ。
バスで大霧山の登山口の橋場へ。
隊長ストレッチ アイゼン装着
3ヶ月ぶりの山なので
入念にストレッチする紅隊長
冬山の練習にと各々軽アイゼンを装着
粥新田(かゆにだ)峠までの道程は車道から山道、また車道と進む。峠の手前からは先日降った雪が積もり、雪の積もっていない轍(わだち)も凍結して歩くのはなかなか骨が折れる。峠で各自軽アイゼンを装着。途中木々の間から見える、のどかな眺望を楽しみながら山頂へ。休憩の時に「レモンの輪切り」や「伝六豆」が出てこないことで、トーサンがいないのだとしみじみ思う。
上州の山々
山頂にて
遥か向こうに上州の山々を眺める
雪中行軍
風もなく穏やかな山頂にて
山頂では、紅隊長の持ってきたトーサンの写真とお酒を供え一同献杯。これからもヤッホー紅隊として山に登り続けることを誓った。
帰りは積雪のことを考慮し、旧定峰峠で尾根より下ることにする。とはいえ雪道の下りは結構ツルツルリンである。悪戦苦闘しながらの雪中行軍となったが、無事に下山することができた。
苦しくも楽しき雪中行軍
入浴の後に森林公園駅で下車して、大番頭ウ〜ノが手配してくれた“日本一”と誉れ高き東松山の焼とり(かしら)を堪能して、本年最後のヤッホーは大団円となった。
おだやかな天気のもと久々のヤッホーであったが、アイゼンの装着や雪道の練習も出来て何よりであった。きっとトーサンがいい天気と雪の練習をセットしてくれたのだと思い深く感謝しつつ帰途に着いた。  (文責;時宗、写真&編集;ウ〜ノ)
「私も半年ぶりなのよぅ」とコハダ姐さん


もどる