ヤッホー! と愉快な山仲間

第36回「まさに絶景、360度の眺望!」の巻
木曾駒山頂
快晴の木曽駒ケ岳山頂にて


当日のデーター
日 時:平成14年9月27、28日
天 気;27日晴れ、28日雨
参加人数:4名
歩行時間:1日目5時間、2日目2時間
【1日目】
新宿駅7:00発--<JR中央本線>--岡谷駅9:30着--<JR飯田線>--駒ケ根駅11:32着--<バス>--
しらび平(1661m)--<ロープウエイ>--千畳敷駅(2612m)12:10着--登山開始12:40--千畳敷カール--
八丁坂分岐--乗越浄土--宝剣山荘--昼食--中岳(2925m)--木曽駒ケ岳(2956m)--宝剣山(2931m)--
宝剣山荘17:30着--宿泊
【2日目】
宝剣山荘8:30発--乗越浄土--八丁坂分岐--剣が池--千畳敷駅--しらび平--こまくさの湯--駒ケ根駅--
<JR飯田線>--飯田駅--三宜亭旅館--柳田國男記念館--日夏耿之介記念館--飯田市街散策--旅館--宴会
【3日目】
旅館--飯田市美術館--飯田駅--<JR飯田線>--飯島駅--飯島陣屋--飯島文化センタ--(講演会)--
飯島--<高速バス>--新宿21:20着


今回は紅葉を見に、秋の木曽駒が岳と飯田・飯島 二泊三日の登山小旅行となりました。
久し振り参加の紅隊長をはじめ、メガミータ、大番頭ウ〜ノ、そして私(浜タン)の4人が新宿駅に集合、あずさ1号にて岡谷へ。岡谷からは飯田線豊橋行きに(あれぇ私達は一体どこへ行こうとしているの?)乗り換え駒ヶ根に。飯田線では登山に行くというより、まるでのんびり途中下車の旅のような気分でした。駒ヶ根からバスでしらび平へ。しらび平からはロープウェィで一気に1000mを約7分で登ってしまうのです。たいへん景色の良い所で、ガイドさんがまわりの景色を案内してくれるのですが、観光客も多く、人 人 人で、隊長いわく「おじさん薄い頭しか見えなかった」と・・・
しらび平 千畳敷
しらび平駅前で
千畳敷ホテルのテラスから宝剣山を望む
八丁坂分岐 ロープウェイで、千畳敷に着くと そこはもう2600m。一面の平原。少し紅葉も始まって、黄色茶色にまじって赤色がチラホラ。夏に来たらさぞかし素晴らしいお花畑だろうと見渡せば、遥か遠くにそして近くに山また山。青墨を流したような薄紫に染まったような・・・・それは見事な美しい山並みでした。今日は90%雨の予報でしたが、そこは照手姫ならぬ照テル姫が二人もいるのですから「さすが〜!」とメガミータはガッツポーズ。山のお天気はいつ変わるかわからないので、晴れているうちにと一気に宝剣山荘へ。山荘の傍らで遅い昼食をそそくさと済ませ、駒ケ岳山頂を目指す。道は広く整備され、中高年のご婦人方が(決しておばちゃんとは言わない)身軽な格好でゆっくりと登って行く。
後方に乗越浄土の岩場が
そそり立つ八丁坂分岐にて
いやぁ最高 天狗荘
いやぁ最高!最高! 
中岳に向かう途中、天狗荘の背後に南アルプスが
照テル姫 宝剣岳
私、照テル姫よ
中岳より宝剣岳を見下ろす
木曽の御嶽山が間近に
午後3時めでたく登頂(2956m)360度の大パノラマ。あれが北岳よ、あれが仙丈ケ岳よ、そしてあれが木曽の御嶽山・・・と南アルプスの山々、北アルプスのや山々など皆眼下に見えるなんという爽快さ。
お決まりのコーヒーを飲んで、帰りは中岳の巻き道を下山。
この巻き道が上りの広々とした大らかな景色とはまったく違う荒々しい様を見せていました。
一歩間違えば谷底にまっさかさまという細い岩場をへばりつくように歩きスリル満点でした。
巻き道の岩場
ほら、虹が
ほら、虹が見えるでしょ!
中岳巻き道の岩場
宝剣山頂の岩場1
宝剣山頂の岩場2
宝剣山頂の岩場にてお猿さんになった気分
宝剣山頂の岩場3
茶碗酒
健闘を讚え茶碗酒で乾杯
山荘は六畳ほどの個室で閉所恐怖症の紅隊長も大丈夫、高所で気圧が低いせいか少し目まいのする。夜半激しい雨が降り出し、翌朝になっても風雨は弱まらず、このままだと尾根歩きは危険と判断、来た道をまっすぐに下山することにしましたが、ものすごい吹き降りで顔に当たる雨粒が痛く、目も開けられないほどでした。下山するとそこはもう薄日が差すほど天気が回復していて帰りのロープウエイから見る景色は一段と素晴らしいものでした(ここでまた照テル姫のガッツポーズ)。こまくさの湯につかりその夜の宿、飯田へ向けてまたのんびりJRの旅、車窓から左には南アルプス、右に北アルプス、列車がカーブするたびに山が移動する。あの山は何・・あの山は何・・と地図を広げて夢中で指さすのでした。
宿泊先の三宜亭旅館は飯田城本丸跡に建てられ、近くには美術館や柳田國男や日夏耿之介の記念館があり、夕食までのひととき飯田の街を散歩しました。記念会の説明者を始め飯田の人は皆優しく親切でした。夜は山での食事とうって変わって大変なご馳走に舌鼓、そして天然温泉とゴクラク極楽の一日でした。
2日目のスナップはここから
次の日は待ちに待った飯島での隊長の講演会、隊長は朝から講談師神田紅に変身、身支度を整えると一足先に出陣されました。(追っかけ隊は)ゆっくりと飯田市美術館を見学し、飯島陣屋へも立ち寄りました。ここは展示物に触ってよし、写真撮影もOK・・・、駕篭に乗ったり代官様の席に座ってみるなどしました。そして囲炉裏の傍らでおこうことお茶をご馳走になるなど実に心温まるおもてなしを受けました。
さあ、いよいよ講演会はいつものお噺ですが、何度聞いても大笑い、ウンウンといつの間にかうなずいたりして、すっかりおばさんしてしまいました、会場は一つになって大変な盛り上がりでした。
飯島からは高速バスで一路新宿へ。今回の登山旅行は快適にしてスリル満点の登山、山小屋泊まり、温泉、ローカル線の旅、飯田と飯島の史跡巡り、そして講演会と本当に盛りだくさんの3日間でした。
3日目のスナップはここを見てください (文責;浜タン、写真・編集;ウ〜ノ)


つづく