ヤッホー! と愉快な山仲間

第23回「雨男、大窪大和守初陣の巻」


 当日のデータ
日 時:平成13年7月某日
天 気;晴れ時々雨
歩行時間:8時間30分
 参加者:7名

コース:
【往路】池袋→東北自動車道(車中泊)→会津駒ヶ岳登山口
   →水場→会津駒ノ小屋→駒ヶ岳(2132m)
【復路】駒ヶ岳→会津駒ノ小屋(昼食)→水場→登山口(入浴)
   →会津駒ヶ岳登山口→東京駅丸の内北口→打ち上げ


初めまして。「張り扇、翔ぶ!」の大和守(やまとのかみ)と
申します。今回初めて紅隊に参加させていただきました。

○池袋から深夜バスで東北自動車道を行く
深夜バスに乗るのは初めて、緊張のあまり夜も眠れず。
登山前なのに、大和守は水分を摂りすぎて水膨れ状態。
立派なトイレ
○早朝、会津駒ヶ岳登山口到着。登山前の一コマ。
登山に似付かわしくない恰好が約1名<大和守>
この後、山頂まで会えなくなってしまう方が・・・。
まだ雪が残っていました。はしゃぐ若者たち(?)
紅隊長を筆頭に、疲れも見せずハイポーズ!
うしろは雪渓
登山口の妙に立派なトイレの前では西南もいた
雪渓で戯れ
雪解け池のうしろは雪渓だ
雪渓で戯れる若者達?
2000m超の山だけあって、下界では見られない植物がありましね。ギンリョウソウとかいう、もやしにスズランをくっつけたようなものや、ゼンマイも以外とキレイに生えていました。
ギンリョウソウ ゼンマイ 蜜を吸う
ギンリョウソウ ゼンマイが群生 蜂が蜜を吸う
大ハシャギ 駒丿小屋に通じる木道
カズロフ氏と大ハシャギ
駒丿小屋に通じる木道にて
○駒ヶ岳山頂で記念撮影、おや?一人足りない、実は撮影直後、リタイヤかと思われた西南氏が到着、ようやく再会を果たしたのでございます(涙)
昼食時に通り雨に幾度も見舞われ、ご飯がお粥になってしまうっ(涙)。ここで大和守は紅隊長から「雨男」の称号を得る。
駒ヶ岳山頂
○登山口に下山後、バス停近くの温泉で汗を流しサッパリ癒しモード。だが西南氏がサンダルを盗まれる災難に、今回は最後までついていなかった。

○東京駅丸の内北口で打ち上げみなさん、まだまだ
元気そう。飲んだお酒はしめて一升五合?(笑)

最初は気楽な気持ちで登ってましたが、以外とキツかったですよ。でも「心地よい疲れ」という言葉は、こういう時のためにあるんでござんすねぇ。 文責大和守

もどる