ヤッホー! と愉快な山仲間

第11回「コハダ姐さん七変化」の巻


当日のデーター
日時:平成12年7月某日
天候:曇り時々晴れ
コース:渋沢駅⇒大倉⇒後沢乗越の沢⇒鍋割山頂(1276m) ⇒昼食
⇒後沢乗越の沢⇒山小屋水無荘⇒入浴・夕食⇒渋沢駅
歩行時間:7時間20分
ハマタン歩数:32000歩


初参加のコハダ姐さんが今回の主役。四国34札所の2回を含め、全国100札所を制覇したほどの健脚で、登山訓練所との分岐当たりまでの林道では、金剛杖をつきながらスタスタと歩いていたが、登山道に入るやたちまち「心臓が口から飛びだしそう」と桃色吐息ならぬ青息吐息状態に。ついにトーサンにザックを持ってもらうが、どうにも先へ進めない。一方アミーゴ姫メガミータは待ちきれずどんどん先へ登って山頂で待っている。紅隊長らに叱咤激励されながらようやく山頂にたどり着くとシートの上にバタンキュウ。山荘の「氷イチゴ」と恒例となった山上喫茶の「コーヒー」を飲んでひと心地付くと「わぁ気持ち良い、また来たくなっちゃった〜ぁ」と、それまで難行が嘘のようにケロッとして満面の笑み
1時間半も昼飯に費やしたので来た道を下ったが、コハダ姐さん足の裏が痛くなったとボヤきながらも無事歩ききり、打ち上げの席で「初めての山で鍋割山を登りきったのは大したもの」と皆から褒められてすっかりご機嫌! ビールをグビグビと飲干していた。
ちなみに紅隊長クリム嬢もぐったり、トーサンまでも気疲れからか夕飯を残す有り様、最後まで元気だったのは浜タンと私キラメンコであった。


アミーゴちゃん邪魔してゴメン!邪魔してゴメン
 
相模湾まで見える
うぉ〜、相模湾まで見えるぞぅ

 私待〜つ〜わ
皆が下りてくるまで、私待〜つ〜わ
  ケリをいれる紅
ひょぇ-とケリをいれる紅隊長

ヤマユリ
 
コケオトギリソウ
コケオトギリソウ
ヤマユリ


ヤマボタルブクロ

ヤマボタルブクロ

 

ヤブラン
ヤブラン