演目

落雁恋仇花  -阿部定の手紙-

(おちるかりこいのあだばな)

公演場所
赤坂アート・スペース

公演日
1982年7月2日〜6日

プロジュース
大津 皓一

脚色演出
川端 真二

解説
昭和のはじめ、二・二六事件の暗い世相の中で、"定・吉・ふたりきり"と血を染めて書いた阿部定の心情、情念の物語。シュールなまでにナウい神田紅が"阿部定"を演じた。